助成金の活用で賢いリフォームを!



      このエントリーをはてなブックマークに追加

将来のリフォームに備える

参考にすることができる住宅市場動向調査

2015年に国土交通省から発表された平成26年度住宅市場動向調査によると、住宅のリフォームをする施主の約50%が60歳以上となっています。30代から40代にかけて住宅を取得する人が多いことから、リフォームが必要になるのが施主が60歳代になった時となるからで、リフォームを検討する理由も住宅の傷みや汚れが目立ってきたからというのが一番の理由となっています。


またリフォームにかける費用の平均も住宅市場動向調査で見ることができ、230万円となっています。


住宅市場動向調査を見ることで、いつぐらいにリフォームが必要になるのか、リフォームにはどのくらいの費用が平均いて必要になるのかを知ることができ、できるだけ長く住むことができるように準備をする必要があるのです。


設備関連はリフォーム率が高い

住宅の傷みや汚れなどを理由にリフォームをする人が増えているのですが、次に多いのが設備の修繕や変更であり、キッチンや浴室、トイレなどより機能的で快適にする為のリフォームが増えています。こうして見てみると設備に関するリフォームは水回りがほとんどであり、もともとの設備が不十分だったことや使用頻度が高いことから老朽化が早いことが理由になります。


住まいの中でも老朽化のスピードは違うことから、度々修繕や取り替えが必要になることもあるでしょう。


リフォーム業者を選ぶポイント

家族の生活はもちろんのこと健康や安全を守る役割も果たしているのが住宅であり、大切な住宅のリフォームを任せる業者選びは慎重に行わなくてはなりません。中には悪質なリフォーム業者も存在しており、被害にあっている人もいるので注意が必要です。


現代の日本ではインターネットが普及したことによって様々な業者を比較し検討することができますが、まずは自分が住んでいる地元に根付いたリフォームの実績がある業者を選ぶのが「良い業者選びのポイント」と言えるのではないでしょうか。こういた業者は周辺環境などを熟知しており、実際に施主が他のリフォーム物件を見ることもできるので安心を得ることができます。


インターネット上などで見ることが出来る口コミなどの投稿は、実際にリフォームを行った人の情報とは限らないこともあり信憑性の面で考えると信用は低くなってしまうのです。また満足度などは人によって違うので、インターネット上の情報ばかりを鵜呑みにするのもあまりよい事ではないのです。知人に評判を聞く、業者を訪問してみるなど自分の足で行なうことができる情報収集も失敗のないリフォームをする為には必要不可欠なのです。


ABOUT

運営者
助成金の種類.net
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。